交通事故の慰謝料は弁護士に相談しよう!

もしも交通事故にあってしまったら。不安になる前に慰謝料や頼りになる弁護士の情報収集をしておこう。

物が破損する交通事故と弁護士相談

物にぶつかるなどして破損させてしまう様な交通事故は、人を怪我させてしまう大きなものとは違って、比較的解決しやすい場合もあるでしょう。相手の物を破損した場合には弁償する必要があります。

また、車を修理に出している間などは使えなくなってしまう事が考えられますので、休車損が必要になるケースもある様です。

車や相手の車両だけではなくて、建物や電柱を破損させてしまうケースなども考えられます。

この様に対物の交通事故と言ってもいろんな状況が考えられます。解決が困難な場合などには弁護士に相談して解決する事もあるでしょう。

弁護士はきっと相談者の味方になってくれる事でしょう。

交通事故弁護士にお世話になる時

交通事故弁護士というのは耳慣れない言葉ですが、交通事故専門の弁護士のことです。交通事故の被害者になった場合、病院に通うことになったり、心身に後遺症が残る場合が有ります。その際、慰謝料の交渉に有利に進めるにはやはり専門家の力が必要です。

相手の保険会社が提示してくる慰謝料は、弁護士基準を下回ることが多いようです。そんな時たよりになるのが交通事故弁護士です。豊富な実績や、ノウハウ、また医学知識もある専門家である弁護士によって弁護士基準の慰謝料交渉を進めてもらいましょう。そうすることで、自賠責基準の交通事故慰謝料の計算方法より増額が望めるでしょう。

万が一の事故解決は交通事故弁護士に

誰しも交通事故の被害者になってしまう可能性があります。多くの場合、事故後の損害賠償請求や後遺障害認定などの交渉は、加害者本ではなく、加害者の加入している保険会社が代行します。保険会社は少しでも利益を上げるため、慰謝料を少なく見積もります。

保険会社の言うままに交渉を進めると被害者が受け取る賠償額が少なく見積もられてしまうケースが多くなっています。そんな時に、心強いのが交通事故を専門的に扱っている交通事故弁護士です。弁護士に相談すると費用がかかるイメージが強いですが、今は電話での無料相談を受けてから着手してくださる法律事務所も増えています。

交通事故弁護士に依頼する理由

交通事故の被害に遭ってしまったら、個人で保険会社と交渉するのは困難です。保険会社が支払う金額はかなり低いものです。たとえば自賠責基準では、自賠責保険が運転者全員の強制された保険である為です。任意保険基準にしても、自賠責基準よりもほんの少し高い金額になる程度です。

最も高い金額になるのは弁護士基準ですが、基準は、自由に選べるものではなく、弁護士基準を選ぶためには、弁護士に依頼をして裁判を起こす事が必要になります。弁護士にもそれぞれに得意な分野があります。交通事故弁護士といわれるのは、交通事故の問題解決の経験の多い、保険会社との交渉に強い弁護士の事です。

交通事故弁護士という弁護士がいます

昨今、自動車はもちろんのこと、自転車などの事故が増えてきております。運転者は当然のことですが、本来は弱者である怪我をした被害者の方の責任も問われることがあります。

今までは交通事故の責任の所在は警察と保険業者に委ねられていましたが、ドライブレコーダーなどの普及により責任の所在の判断となる状況証拠が記録されて責任分担の判断が難しくなり、裁判にまで持ち込まれることが増えてきました。この時に活躍するのが交通事故弁護士ですが、裁判に持ち込まれるまでもめる事は少なく、ほとんどが示談になります。これも交通事故弁護士のお蔭と言えるでしょう。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

交通事故弁護士関連

メニュー

交通事故の慰謝料相談 交通事故弁護士 交通事故相談 弁護士