交通事故の慰謝料は弁護士に相談しよう!

もしも交通事故にあってしまったら。不安になる前に慰謝料や頼りになる弁護士の情報収集をしておこう。

法テラスなどの公的機関に交通事故の慰謝料相談

何も予兆もなくいきなり必要になるのが、交通事故の慰謝料相談を行う法律家です。しかし、弁護士などの法律家にコネがある人ばかりではありません。

そんな時には、ネットから交通事故の慰謝料が得意な弁護士を探してはどうでしょう。

慰謝料は離婚の際にも支払われますが、できたら交通事故専門の弁護士の方が好ましいでしょう。交通事故の直後は戸惑う人が多い中で、法律家が慰謝料の事など、いろいろ手伝ってくれると本当に助かりますね。

また、不安な人は法テラスなどの公的機関に交通事故の慰謝料相談を持ち掛けてみるのもいいでしょう。自分ではどうする事もできない事も多いと思いますので、困った時には、ぜひ弁護士などの法律家に助けを求める様にしたいですね。

交通事故慰謝料と弁護士基準と保険会社

保険会社の人に交通事故慰謝料の金額に納得がいかないので弁護士に依頼したいと思うと伝えるとほとんどの場合あまりいい顔をされることがありません。なぜかというと、間に弁護士が入ると、保険会社は弁護士基準で話を進めていかなければならないからです。

そのため「弁護士基準でも、金額の8割程度しか出せませんよ」と言われることもありますが、それで負けてしまってはいけません。やはり実際に弁護士が出てくるとまた違った交渉が始まりますので保険会社にどんなことを言われても一度相談してみるといいでしょう。もし保険会社とトラブルになってしまってもその点はうまくまとめてくれます。

弁護士基準と交通事故慰謝料は?

弁護士に間に入ってもらうと、交通事故慰謝料で弁護士基準が適用されることになります。こちらは今までのケースを参考にしている金額になっており、とても重宝されるものです。実は個人でもこちらを使用することができるのですが、相手は様々なケースの対応をしてきている保険会社です。

素人がこういった特殊な基準を用いてもうまく交渉がいくほうが少ないのです。そのため交通事故慰謝料に納得がいかない場合には弁護士などの専門家を間に挟むことをお勧めします。自分だけでなく家族にも関わってきますので、納得のいく金額で終えたいですね。

交通事故慰謝料における弁護士基準

交通事故慰謝料における弁護士基準は、弁護士に依頼しない限り適応されない可能性が高いといってもいいでしょう。交通事故に関しては、基本は交渉になりますので、この交渉によって受け取れるものも大きく変わります。交渉相手となる保険会社は、少しでも慰謝料の金額を下げようとすることが考えられます。

そのようななかでも、一番良い基準である弁護士基準で慰謝料を受け取りたいのであれば、弁護士に依頼し交渉をサポートしてもらうことがより良い手段になるでしょう。交通事故の相談についてはニーズが高まっていて件数も増えていることがあげられます。

弁護士基準である交通事故慰謝料を受け取る

交通事故慰謝料をもらうためには、弁護士基準で決まっている慰謝料が一番高いため、交通事故に関してより専門知識を持った弁護士を雇うのが良い方法といえるでしょう。交通事故については、さまざまな基準や決まり事などがありますので、その辺りをしっかりと熟知している弁護士に依頼することが、大きなポイントになるでしょう。

交通事故弁護士については、交通事故の交渉ごとに対してはなれていますので、慰謝料などの内容に関してスムーズに交渉をしてくださるでしょう。万が一、弁護士基準でなかった場合には、それよりも低い任意保険での基準や、自賠責保険での基準が適用されることがあげられます。

交通事故慰謝料についての基準と弁護士の勧め

交通事故慰謝料は、交通事故が起きた際に相手に求める賠償金の一部であり、治療費、交通費、損害手当は別物で、あくまで精神的苦痛、精神的損害に対して払われるものです。具体的には死亡慰謝料、後遺障害慰謝料、入通院慰謝料に分けられます。

そして、事故の程度によって金額は大きく異なりますが、査定方法に自賠責保険基準や弁護士基準などがあり、算出方法によって慰謝料の額も変わってきます。大きな事故の場合、精神的苦痛は計り知れないので、弁護士に相談するのが良いとされています。一見敷居が高そうですが、まずは無料で相談やアドバイスしてくれる弁護士事務所も最近は増えているようです。

交通事故慰謝料を考える

交通事故慰謝料という言葉をよく耳にしますが、しっかりと理解している人は少ないでしょう。慰謝料の金額を決める方法には3つの基準があります。それは、任意保険基準、自賠責保険基準、弁護士基準の3つです。この中でも慰謝料が一番高額なのが弁護士基準です。

しかし、こういった知識の無い被害者は自賠責保険基準、任意保険基準を受け入れてしまいます。この時、交通事故慰謝料を引き上げるには弁護士に交渉を依頼することが大切です。そうすれば保険会社も弁護士に合わせた基準を適用して計算してくれますので、交通事故である程度の被害を被ったら、弁護士に交渉を依頼してみるのがいいかもしれません。

弁護士基準での交通事故慰謝料の算出の仕方

交通事故慰謝料の金額は、事故の被害や怪我の症状、後遺症があるかどうかで異なります。一般的な交通事故慰謝料の算出の仕方は、通院日数に2倍をかけたものと、治療日数のどちらか少ない方に4200円をかけるというものです。

これは、自賠責保険を基準としたもので、さらに別の保険に入っていた場合などは各保険会社や保険商品によって異なる慰謝料が追加されます。また、過去の裁判事例で慰謝料を決める弁護士基準を採用すれば、他の方法よりも慰謝料が多くなるかもしれません。得意としている弁護士に依頼すれば、受け取る慰謝料の総額を高くできる可能性があるので、まずは相談してみても良いでしょう。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

交通事故慰謝料関連

メニュー

交通事故の慰謝料相談 交通事故弁護士 交通事故相談 弁護士