交通事故の慰謝料は弁護士に相談しよう!

もしも交通事故にあってしまったら。不安になる前に慰謝料や頼りになる弁護士の情報収集をしておこう。

TOP > 交通事故慰謝料 > 後遺症と交通事故の慰謝料相談

後遺症と交通事故の慰謝料相談

治療を行っても常に怪我というのは完治する分けではありません。

交通事故では時には非常に大きな怪我を負ってしまう事もあります。
できる治療をすべて行ったけれどこれ以上完治する見込みがないという場合には、症状固定となる事もあります。いわゆる後遺症の事ですが、慰謝料相談する際にはこの後遺症があるかどうか、もしくはどの様なものであるかという内容でかなり違ってくる事もあります。

後遺症は等級に分かれており、どの等級に認定されるかという事によっても違ってくる様です。

もし交通事故における後遺症が残った場合には、慰謝料相談の際にぜひ話をするようにしましょう。
適切な慰謝料を加害者に対して請求しましょう。

交通事故慰謝料の利点となる弁護士基準の設定

交通事故慰謝料は、交通事故が実際に発生した際、被害者の方が加害者に対して行う手続きとして発生します。事故で負ってしまった怪我の治療費や入院にかかる費用、さらには、それによって仕事に行けなくなってしまった場合の休業補償などが慰謝料の項目に含まれます。

被害者の立場として損をしないような手続きを進めるためには、弁護士や地方自治体による関連センターなどへの交通事故相談が有効的です。無料での相談業務が受け付けられている機関も多い中、特に弁護士への相談依頼は、弁護士基準としての慰謝料が設定されるなどの利点も挙げられます。

弁護士基準で交通事故慰謝料を計算しましょう

交通事故に遭った場合、一番気になるのが交通事故慰謝料です。慰謝料の計算方法は3つあり、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つです。その中で最初に提示されるのが自賠責基準で、最も安価になる計算方法で慰謝料を計算しています。一番高価なのが弁護士による計算方法で、倍以上になるケースもあります。

弁護士は過去の事例などを元に交通事故慰謝料を算出するので、他の基準と異なり、高価にすることが出来ます。最初に提示された慰謝料に納得がいかない場合は、弁護士に相談をすることで、弁護士基準で計算をしてくれて、保険会社と交渉までしてくれますので、慰謝料を引き上げることが出来ます。

交通事故慰謝料は弁護士基準によって増額する

交通事故によって怪我を負い、後遺障害が残ってしまうような場合の時には、弁護士に相談して弁護士基準で交通事故慰謝料を請求しましょう。そうすることにより、保険会社で、考慮してくれなかった精神面の慰謝料が、弁護士に依頼することで、損害賠償として含まれ増額します。

また、裁判に発展した場合には、弁護士が被害者の代理人として連れて行けます。相手側の保険会社に任せずに、自分でもおかしいと感じたのならば、第三者の意見を取り入れるのが重要です。一人で悩まずに、まずは電話相談や法律事務所に相談でもしてみてはいかがでしょうか。

弁護士基準で考える交通事故慰謝料

弁護士基準で交通事故慰謝料を考えると、どうなるでしょうか。保険会社から提示される金額は、必ずしも妥当であると限りません。その状況によっては、弁護士に依頼した方の慰謝料が高くなる傾向があります。

なぜかと言えば、弁護士に依頼するのでは被害者の精神的苦痛から、入院費や通院費といった治療にかかる費用までも含まれて計算されます。それは提示金として含まれているようにも思えますが、実際には含まれておらず、保険会社では担当外のものとなります。被害者となってしまったら、慌てずに一度弁護士へ相談するのをおすすめします。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

交通事故慰謝料関連

メニュー

TOP 交通事故の慰謝料相談 交通事故慰謝料と弁護士基準 交通事故弁護士 交通事故と出張サービスのある弁護士 交通事故相談 弁護士