交通事故の慰謝料は弁護士に相談しよう!

もしも交通事故にあってしまったら。不安になる前に慰謝料や頼りになる弁護士の情報収集をしておこう。

交通事故ゼロを目指す

交通事故は意外にも自宅近くで非常に多く発生しています。

家を出た時や、帰宅の際には家の近くだと慣れているという事もあって、つい油断してしまいがちではないでしょうか。

その油断している時にこそ、周囲に十分気を使うべきなのです。

自宅付近は、細い道も多く歩行者や自転車、バイクや車が行き来する場所が多いため交通事故が多いのです。

交通事故ゼロを目指して、普段から心がけましょう。

交通事故慰謝料に関連する弁護士基準

交通事故慰謝料の内容としては、被害者の方が負ってしまった怪我の治療や入院に関する費用の他、灸御した場合などに発生する補償も含まれます。加害者への請求手続きについては、両者の間に保険会社の担当者が介入することによって条件交渉が進められるものの、スムーズな話し合いに至らなかったり、提示された条件内容に関してどのような判断を行えば良いのか迷ってしまうこともあります。

弁護士への相談を進めることによって、一人では対処できなかった問題への解決策が見出せる他、弁護士基準としての請求額が改めて算出され、通常より多い金額が支払われることもあります。

弁護士基準で進める交通事故慰謝料の請求

交通事故慰謝料は、実際に交通事故に遭ってしまった被害者の方によって、加害者への請求手続きを行うことが可能とされています。両者の間に保険会社が介入することによって、話し合いでの条件交渉が行われ、合意が見られた場合に支払いを受けることができます。

被害者の方の立場としては、出来る限り速やかな対処を求めたいものの、なかなかスムーズな話し合いが行われなかったり、提示された条件金額への判断が難しかったりするなどの問題も発生しがちです。弁護士や関連機関へ相談することによって、弁護士基準での情報やアドバイスが取り入れられます。

交通事故慰謝料は弁護士基準が高いの?

交通事故慰謝料を請求する時に、自分で請求をかけることもできますが、その際には保険会社は自責賠償基準をいうものを使用してきます。実はこちらは様々な基準がある中で一番価格的に低い基準になっており、保険会社から提示されてくる金額も自分が思っていた以上に低い価格で出てくるので驚くと思います。

しかしそこで納得してはいけません。かなら低いようでしたら間に弁護士に入ってもらいましょう。こうなると保険会社は裁判基準や弁護士基準を使って金額を提示しなければならなく、この金額は自賠責よりも倍以上になってくるのです。

交通事故慰謝料の弁護士基準について

交通事故慰謝料の弁護士基準については、交通事故での慰謝料の基準の一つであり、過去の判例や裁判所の下したものを基準にして作られたものになります。他にも任意保険や自賠責保険で定められた基準があり、交渉によって適用される基準が大きく変わってきます。

この交渉については加害者側である保険会社とすることとなり、法律家である弁護士に依頼することで一番高い基準である弁護士基準を適用される可能性も高いことがあげられるでしょう。このような基準がありますので、自分たちでおこなうよりも弁護士に交渉してもらった方がいいでしょう。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

千葉地方裁判所・千葉家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/chiba/

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-11-27

JR総武線・内房線・外房線千葉駅から徒歩15分
津田沼駅から2駅で千葉駅
船橋駅から3駅で千葉駅
市川駅から4駅で千葉駅
京成千葉線千葉中央駅から徒歩8分

交通事故慰謝料関連

メニュー

交通事故の慰謝料相談 交通事故弁護士 交通事故相談 弁護士